ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

2015年3月 7日 (土)

朗読能シアター 咸陽宮 ― 宝生流能楽公演「体感する能」

能楽師監修の下、脚本家の高橋郁子さん/声優の平田広明さんが中心となり、能楽の演目を朗読劇に仕立て上げ、声優さん達の朗読と雅楽器の音でお届けするこの企画。(連携して、後日、同演目の能楽による本公演もあります。)

もう4年目になるのかぁ...。自分の中でも出演させて頂くことがもっとも楽しみな公演の1つです。

今日、その今年の朗読能シアター『咸陽宮』のフライヤーが届きました。 が、フライヤーがあがる前にチケットは4公演ともソールドアウト?!

...ですが、若干の一般席(補助席)の追加販売があるようです。 詳しくは主催「和の会」の公式ツイッターにてアナウンスされるそうです。https://twitter.com/wanokai

興味ある方は要チェック!

Kanyokyu_chirashi_tachi_001

Kanyokyu_chirashi_tachi_002


2015年2月19日 (木)

ガラケー戻し

10991286_10206187659514995_25975026悲願の…ガラケー機種戻し。

エレキのあとにアコギを弾くような、シンセのあとにハモンドを聴くような、48trマルチのあとで一発録りをするような、…なんとも割り切れた爽快感?!

バッテリー残量もメモリ残量も気にならないストレスフリー!

2015年2月12日 (木)

しましか

3日目、ステッカー1枚追加

…って、この板、まだ使う気かぃ?

1381165_10206128719001519_673747814

2015年2月11日 (水)

若いって...

若いってすげーな! 朝一から昼飯以外は滑り続け、夕飯終わってナイターに行きよりました。snowboard

オヤジはビールbeerを飲みながら、志ものおかーちゃんと世間話 happy01

ピーカン鹿島槍

2日目、ピーカン鹿島槍、さいこーっす。特に第5は気持ちいい~。

午後からは息子のお付き合い(?)で、中綱ビギナー回り。あれこれ覚えるのが早いなぁ…。知らん間にキッカー入ってるし!(もちろん大ゴケ)

やっぱりパーク系に興味津々のようですが、あればかりは俺に聞かれても別世界の話なんで…?!

しかし俺の板、古すぎ &リゾートモードにレース板は疲れすぎ (^^;)

541620_10206122215918946_9698799232

1463013_10206122216118951_102642387

10383973_10206122216358957_12859893

2015年2月10日 (火)

スクール

初日、思うところあって久々に、さのさか。 ターンできかけの息子はスクールに預け、オヤジはレイクダウンコースでリゾートクルージング!

10957733_10206113844829674_26355229

10372563_10206113845029679_32363343




志も

3:27 「志も」着。息子同伴。大雪。

鹿島槍のゲートまでは順調にきたものの、時間的に除雪前だったため、宿を目前にして簗場駅あたりでもうダメかと思った…

さぁ、朝からスノボ三昧じゃ~

10922880_10206110971597845_41553169

 

2015年1月20日 (火)

ぼちぼちいこか

FBはじめLineやらメールやらハガキやら、メッセージをたくさん頂きありがとうございます。この記念すべき生誕から半世紀の節目、彩りを添えるかのように今まで罹ったことのないインフルエンザAの襲来を受け床に伏して迎えております?!

半世紀かぁ~、と同時に上京して30年。ほんと、色んな人のお蔭でここまで来たなぁという思いです。もう会うことのない人の方が圧倒的に多いけれど、恨んだり憎んだりする人がいなかったことは何よりの幸せかもね。この好き勝手極まりない野郎にお付き合いくださっている方々に改めて感謝申し上げる次第です。

敬愛する有山じゅんじさんの曲「ぼちぼちいこか」...

「昔は、ほんと良かった…」なんて
これっぽっちも思わない
「あの頃に戻れたらなぁ…」なんて
これっぽっちも思わない

...と、鬼籍に入るまで言うてたいと思います。「責任回避」「無責任」が蔓延る昨今の世の中ですが、その風潮にだけは乗らんように生きていこう! 皆さん、これからもよろしゅうに...


では記念に、20代前半の頃にセブのフラメンコギター工場で撮った秘蔵の写真を...ロン毛のポニーくんだったのです。↓↓↓↓↓
Sebu

2015年1月18日 (日)

ゼビウス

10930935_10205951588453366_29988909昔、俺がはまった三大アーケードゲームと言えば、ゼビウス・マッピー・チャンピオンベースボール。

少し早めだが、息子が誕プレとしてゼビウスの攻撃機であるソルバルウのナノブロックをくれた。

こーいうものを貰うと、すぐに作らなければ気が済まない性分ゆえ、早速、やっていたことをすっぽらかして没頭モード。

なんか懐かしい…

1907931_10205951588653371_202891989ちなみに、今はゲームはほとんどやりません。何故なら、仕事をサボってまで没頭してしまうから…?!

1625621_10205951588893377_706943149

2015年1月11日 (日)

ふじぱら

ちょっといろいろ行き詰まり、家でウダウダしてるのもアホらしいので、暇そうにしてる息子を誘って昼からいきなりスノボへ!

スーパーPM(午後+ナイター)を買って、とりあえず全コース制覇のあと、ちょうどナイター前の圧雪になったのでセンターハウスで休息中。

しかし、昼前に思いついて午後から滑りに入ったのって初めてかも?(夜中に思いついて、そのまま出発ってのは良くあったけど…)

10653874_10205910124296788_86348894

10905992_10205909865730324_83965873

2015年1月 2日 (金)

荒神さん

小さい頃、良くお婆ちゃんに連れられて行った荒神さん(清荒神清澄寺)。数十年ぶりに行ってみた…

ここの特長は長~~い参道とその脇の店(露店)。気持ちもあらたに心の声に耳を澄ますと、聞こえてくるのはは…たい焼き・チンチン焼き・カルメ焼き・岩納豆・イチゴ飴・ブドウ飴・丁稚羊羹・回転焼き・きんつば・べっこう飴・わたがし・etc …、Oh yeah!

今年は誘惑に素直になろう!と心に誓ったのでした。


1420181404544.jpg

1420181407049.jpg

1420181409227.jpg

2015年1月 1日 (木)

Et Godt Nyttår.

Et Godt Nyttår.
De beste ønsker for en vellykket og givende år.
Det snør i Osaka.

いま一番行ってみたい国、ノルウェーの言葉で新年の挨拶をしてみました。(雪の大阪より…)


1420096579398.jpg

2014年12月28日 (日)

テレビ取材

今日、海外のテレビ番組の取材を受けてきました。

総務省の補助金を受けて制作する日本とマレーシア共同制作番組で、マレーシアの tarian asyik という伝統舞踊の中に雅楽と共通する歴史に磨かれた美を見つけて、学び、実演するというドキュメンタリー番組です。

その番組中の1コーナーとして、ポピュラー音楽を出自とする私が如何に雅楽の中に日本の伝統美を再発見したか? なぜ雅楽を選んだのか? これから雅楽という芸能ががどうなっていくと思われるか? 個人的な活動のテーマなど、なかなかシビアなインタビューを受けてきました。とは言え喋るのは俺。本やネットなんかでは載ることのない雅楽ぶっちゃけトリビア満載で、撮影クルーや音声さん達にも大受けしていたので一安心。とは言え、照明やTVカメラの前での喋りなんか慣れていないので微妙に緊張しつつ...

その番組の中で私が20年近く自分の活動の基盤としている T's color (今は開店休業状態ですが?!)のライヴ映像も織り込まれます。残念ながら日本での放映予定はないそうですが、マレーシアでの本放送後、英場版を制作して世界に配信する予定だそうです。

撮影後、食事(宴会)にも誘っていただき、日本側担当の日本電波ニュース社はドキュメンタリー番組の制作が主力の会社だけあって、紛争地域や危険地帯に滞在しての取材の話など驚異深いお話を聞くことができて楽しかったです。日本電波ニュース社:島プロデューサ、マレーシア Piramid Harapan:Muna Munirah ディレクター、他クルーの方々、ありがとうございました。

※今回の取材、15年ほど前に米シアトルの雑誌社から受けた取材の記事がネットで公開されている(知らんかった...?!)のを見た Muna からの依頼でした。興味ある方は覗いてみて下さい。若い私が載ってます?!
http://www.timyoungonline.com/globalsounds/gagaku.html

1419760994847

2014年12月27日 (土)

クッキーの館

早起きして生地作りからの大作、パーティー用クッキーの館、完成です! アイシングが面白いけど、難しい...。木工用ボンドを思い出しました?! presented by 息子(半ば強制?!)

10885378_10205719205083927_17682371


10610485_10205719205363934_75955930


10363581_1581455658750986_553485834

2014年12月25日 (木)

クリプレ to 自分

高校2年の時、好きだったアーティストのアルバムを聴いていて、その歌の情景に一気に引き込まれた曲がある。今でも月に何度か聴くくらい大好きな曲。歌そのものも好きなのだが、何よりそのアレンジとアコースティックギターの音が醸し出す雰囲気にやられたってのかな? 自分がマジで音楽をやりたいと思うきっかけの1つになったことは間違いない曲。Ritchie Blackmoreに傾倒していた俺に「エレキよりアコギの方が好きだな」と思わせた曲。

その曲のアレンジとギターを担当されていたのが安田裕美さん。ギター弾きなら誰もが知っている大御所中の大御所ギタリスト。「奏でる音」という意味でもっともリスペクトしているギタリストの一人。

昨日、40代最後のX'mas Eve ...

安田さんがサポートギターで出演される『山崎ハコ「40年目のクリスマス」ライブ』に行った。ハコさんの歌声を生で聴くのは数十年ぶり(?!)だろうか? 昔と変わらない歌声と歌姿(?)にほろっと和む。

そして安田さんの滑らかで透き通った「消え際の美しい」音。アーティストも曲も違うけど、“これこれ!”って感じで嬉しくなってしまった。

あれから35年近くを経て初めて見る(聴く?)安田さんの生演奏。自分にとって何よりのクリスマスプレゼントなひと時でした。

«大人の X'mas