ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« Ready, Attention, Go! | トップページ | 夜な夜な… »

2006年6月15日 (木)

魔斧作針

まふさくしん・・・どんな難しいことでも忍耐強く努力すれば必ず成功する・・・という意味の言葉らしい。西川きよしならともかく、俺にはまったくもって似合わない言葉なのだけれど、近頃なぜか気に入っている。

4年ほど前から、パフォーマー側としての音楽に距離をおいた。何をやりたいのか自分の中で収拾がつかなくなったのと、あれほど執心していた“バンド”というものが面倒になってしまったから。変わって時間とお金のすべてを費やしたのがスノボ。“なんで?、どしたん?、何をいまさら?”ってほとんどの人に言われたけど、要するにバンドでしか音楽を考えられなかった自分にとって、初めてのソロ活動のようなものだった。

ほとんど知り合いもツテもない世界だったけど、1シーズンに30回以上もゲレンデに行き、元オリンピッカーの師匠のもとで練習した甲斐あって、へっぽこながらもアルペン(スピード)競技公式戦に出られるまでになった(もちろん、結果は惨憺たるものだったけど!)。友人もいっぱいできたし、ワールドクラスの人達とも親しくなった。そして怒涛のシーズンが終わって約2ヶ月、例年の空虚感(季節競技をやってる人はわかるよね?)とは違う何かに苛まれていた。

不思議なことに、音楽と距離を置いたこの4年の間にパフォーマーとしてではない音楽仕事が増えた。簡単に言っちゃえば人の音楽に携わる仕事。録音・プロデュース・企画・マネジメント・etc...、それはそれで面白いし、それまでは気付かなかったアプローチや展開が色々あることもわかった。

そんな中で気付かないまま徐々に蓄積されていたストレス、それは...パフォーマー/クリエイタ-としての自分のポジションは?...ってこと。さぁて、これから自分がどう動くつもりなのか、今は自分で興味津々な感じ...

4年前までと明らかに違っていること、それは俺の座右の銘に「一言喝破(いちごんかっぱ:物事を俯瞰し見通して一言で本質を言い切ること)」だけでなく、「魔斧作針」が加わったことかな?

« Ready, Attention, Go! | トップページ | 夜な夜な… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔斧作針:

« Ready, Attention, Go! | トップページ | 夜な夜な… »