ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« ダストキャップとタンバリン到着 | トップページ | 無条件に欲しい物! »

2006年10月 1日 (日)

情けない...

コードアプローチ程度なら弾けるだろう...と思っていたのだが...12弦をまともに弾き始めてからそんな甘い考えは脆くも打ち砕かれている。

まるで卓球のラケットでテニスをしている気分。スイートスポットが少しでもずれると綺麗に鳴らない。Fはともかく、B♭なんてメロメロ。かと言って力を入れ過ぎると複弦同士のピッチガずれて騒がしいだけの音になる。

ここんとこハマっている Roger McGuinn(Byrds) とか、なんであんなに綺麗な音で弾けるんだ?

1日中12弦を弾いた後、普通の6弦を弾くと...まぁ、なんて弾きやすいこと! 12弦を弾かない人でも基礎トレにお勧めかも? まるで大リーグコード養成ギブスだわ。

ギターを始めた頃のFの壁が25年経って再び訪れたようだ。

« ダストキャップとタンバリン到着 | トップページ | 無条件に欲しい物! »

コメント

そりゃあ、わかるね!

12弦でいつもの6弦より「弦高高め』「テンションきつめ」なら
そうとうキツいだろうな。

6月ライブで一緒になったギタリストの下館直樹サンの、
ギターをライブで貸してもらって、ちょっとおどろいた。

それまでワタクシが知っていたギターの弦の感じとまるで違う。

それから試行錯誤の日々・・・

ものすごく変わったよ。

ロリーナマッケニット好きなんだ!ワタクシもです。

kolindaって知ってる?


■KOW さん >

その筋の方によると、12弦って1音下げ(6弦をD)でセットするのが一般的らしいんで(ブルース系の人は2音下げ:6弦がCもアリらしい)やってるんですが、やっぱ難しい。

最近、師と仰いでいる Roger McGuinn の7弦ギター(Martin HD-7、3弦のみ複弦)を見てふと思ったんですが、12弦だからって弦を12本張る必要はないんだよな?とあれこれ試行中。詳しくはまた会った時にでも!

★マッケニット大好きですよ。昔、チーフタンズのコンサートに“前座で出るマッケニットが目的”で行ったくらいですから!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情けない...:

« ダストキャップとタンバリン到着 | トップページ | 無条件に欲しい物! »