ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« ふつーの音楽企画 | トップページ | 作詞 »

2007年8月 8日 (水)

英語漬け

DSの話ではない。

ハーディ・ガーディに関連したEU圏の知り合いが増え、自分と T's color の英語サイトを myspace.com に開設して以来、やたらと英語のメールというかメッセージが舞い込むようになった。中にはフランス語で送ってくる輩もいる。

辞書と翻訳サイトを開けたまま、日夜格闘しているが恐ろしく時間がかかる。というか、海外に行ってる時以外、こんなに英文と接しているのは初めてかも知れない。そもそも、俺は高校時代にグラマーで6点!(もちろん100点満点で!)という驚異的な成績を残したくらいに英文が不得意なのだが...

返事するとき、直訳は実力的に無理なので、頭の中に浮かべた日本語を分解することから始まる。英文を書いてて感じるのは、日本語の接続詞と助詞の難しさ、そして主語不在の曖昧さ。

『あなたの曲は素晴らしいけど、伝統的な音楽をベースとしたものなのか?』。このまま訳そうなんて思うとえらいことになる。「私はあなたの曲が素晴らしいと思う」「あなたの曲は伝統的な音楽をベースとしていますか?」と分解すると訳すのが簡単になる。

こうやって自分の言いたいことを分解して考えることができると、日本語を片言しか話せない外人と話すときも有用なんだよね。最近、意外とこれが不得意な人が多いことに気付いた。TV会議とかで片言日本語の外人と打ち合わせをすることもあるのだが、日本人と話すように長い文言でしか話せない人が多い。自ずと伝達率が悪い。結果、誰かが喋った言葉を、俺が分解した日本語で伝えるという中間翻訳みたいな状態になる。

おそらく、言葉を分解できると中学レベルの英語力でも十分に伝えられる気がする。高い英語教材に手を出す前に、自分の日本語を分解する能力を身につけた方が良いんじゃないかな?

少し前の記事に書いた古文と同じく、英語もちゃんと勉強しておくんだった...

« ふつーの音楽企画 | トップページ | 作詞 »

コメント

私もダメです。
日本人なのに何で英語を話すんだぁという感じで
あまり勉強をしませんでした。
それに日本語もまともにしゃべれないのにね...。

俺も全然ダメですね、自信がありますよ(笑)
昔チャックベリーのエンジニアやってる人に
レコーディングしてもらったんですが
曲の雰囲気を絵に書いて伝えてました(笑)
かなり効果的でしたね(笑)

僕も全然ダメ。。。
簡単な英語でも通じるよって言われるんだけど、Zowさんの言うとおり、日本語を分解することがダメみたいで、、、、

でも、まだあきらめてませーん。いつかかならず。。

なんだか意外な反応の多さに、驚き・桃の木・山椒の木...って感じ?!

■リョウさん >

 俺の場合、学校の英語が出来たって外人と話せないじゃん?...って冷めた考えがあったなぁ。昔、英語の先生をやってる友人と一緒に海外旅行したとき、俺のアバウト英語の方が向こうの人に通じたという経験をしたことがあります。

■Kenさん >

 チャ、チャ、チャックベリーのエンジニアっすか? すごいなぁ。絵に描くのもそうだけど、経験上、右脳系の人の方が見ず知らずの国で強いですね。

■こーじさん >

 でも、こーじさんほど年中いろいろなスポーツしてたら、外国人の友人とか増えないの? それに、やっぱ後々、FIS の大会に出るなら英語か仏語は必須でしょ?!


★今日の教訓 『英語にみる、スノボ論』

 スタンスやアングルがどうこう言って理論武装してる奴らより、わけもわからずコブに突っ込んでる奴の方が上手くなくなるのが早いかも知れない...ってことだな。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語漬け:

« ふつーの音楽企画 | トップページ | 作詞 »