ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 97 ISF ワールドプロツアー | トップページ | おっとっと... »

2007年10月29日 (月)

またな、親父...

先週火曜、10/23 午前5:25、親父が68年の生涯を終えた。69歳まであと1週間。

末期の食道ガン、放っておけば余命1ヶ月の宣告を受けてから約1年3ヶ月。良く聞く「痛い・苦しい」の闘病生活とは違ったが、ほとんどまともに食事の摂れない状態で、こと後半は絶食状態での違った意味での苦しい闘病生活だった。

071029_032501_2 [←約40年前の俺と...]

この1年の間に本人も家族(周囲)も徐々に覚悟ができていたせいか、最後は家族全員に見守られた穏やかな最期だった。“そんなんありか?”と思うような、良く彫刻で見る仏様のような死に顔だった。

息子の俺とは違い、真面目で一徹、嘘のない潔癖な性格。いわゆる職人系と言えば分かり易いか? 現世での幾分貧しい生活とは違い、あの世では間違いなく良いポジションで迎えられることだろう。

そんな親父が去年書いたらしい書き置きを妹に託していた。葬儀を終えた夜、妹から手渡された。遺産などと言うものとはほど遠い生活だったので、遺言のような高尚な代物ではない。母親・俺・妹への謝辞と今思っていること、そして俺が知る限り最初で最後のお願い。そしてその全てを俺に任せるの一言。最後に“さようなら”。

こんなドラマのような演出ありか?! ...葬儀の挨拶ですら、少し言葉に詰まる程度だった俺が、さすがにこの手紙には涙が出た。親父の字なんて40数年間見たことがなかった。いや、書いたことなんてなかっただろう。下手な字で、間違った字で、一生懸命綴られていた。それが尚更、感情を煽る。

Imgp1840

[先月、うちの子供(孫)と最後の外出→]

葬儀が終わってここ数日、大阪に残って、親父が書き置きにまで記した唯一つのお願いの下準備をしていた。パイロット・法曹・獣医・大学進学・etc...、今まで親父が俺に望んだことは全て却下してきた。亡くなってから叶えてやって喜ぶのかどうかはわからんけど、この最後の願いだけは聞き入れようと思う。取り立てて大した事ではないと言えばないことなんだが...

おとーはん、最後だけは叶えてやる!

何十年か先、俺がそっちへ行ったとき、またな。

ありがとう。

« 97 ISF ワールドプロツアー | トップページ | おっとっと... »

コメント

いろいろと大変でしたね。
私も他人事ではありませんが、父親が先々週まで
脳梗塞で入院していました。
ここのところ、入退院の繰り返しです。
今回の入院は倒れてではなく、軽い状態での入院
だったので、良かったですが、まぁ、歳をとって
くるといろいろとありますね。

■リョウさん >

初めて自分が中心となって葬儀というものの采配をしましたが、息を引き取ってからの進行というのは有無を言う間(可否を考える間?)もないスピード展開なので、あれよあれよ...と言う間に物事と出費が嵩んで行きます。

この“慌しさ”が気を紛らわせるための重要なプロセスなのでしょうね。

親が亡くなるというのは、悲しいとか辛いとかではなく、大袈裟に言えば『1つの時代が終わったんだなぁ~』という実感です。不意にバトンを渡された感じ。

しかし、葬儀社というものの何ともシステマティックな段取りと式典構成にプロの仕事を見た気がします。考えたら2テンポ・3テンポ遅れて少子化の影響を受ける業界だよなぁ...

この度はご愁傷様です。。。

自分の父親も70歳をとうに越え、最近は、歳をとってきたなと、、と実感しております。。

出来るときに親孝行せねば、、、と思う今日この頃です。。(一番の親孝行は孫の顔をみせることだ!!と言われておりますが、、、こればっかりは、、)

この度は、御愁傷様です。

私も父を見送ってから10年近くが経ちました。

なんか、あっという間だったので、実感も何もなかったのですが、孫の顔を見せることができなかったのが、心残りでした。その後も親不孝のままですけど。

大事のお役目をお疲れさまでした。

僕らの世代は、
本格的に親からのバトンを渡されるときを迎えているんですね。
ZOWさんのこのブログを読んで、つくづくそう思いました。
僕の両親も、だいぶ弱くなってきた。
いつどうなってもおかしくないけど、
まだ元気に生きている。
でも時は止まることなく、先に進んでいる。
そのときがきたら、僕はどうするのだろう?
考えても仕方がない、と思いつつ、考えてしまうことがあります。

でも、誰もがそこを通っていくんだから、
自分もまたなんとかするんだろう、とかね。

どちらの写真もすごくいいです。
なんかしみじみしてしまいました。
僕の知らないZOWさんの
人生物語をおぼろげに見たような思いです。

お父上のご冥福をお祈りします。

■こ~じさん >

俺も親孝行っぽいことなんてまるでしてないけど、まぁ、元気に心配をかけずに勝手にやっていることが1番の孝行のような気がしましたね。
「後は頼むで...」という言葉に対して、『よっしゃ!』と言えるのが1番だろうな?


■修行僧さん >

今回思ったこと...それは、どんなに覚悟していようが準備していようが、その時は不意にやってくるってこと。葬儀の慌しさは、ネガティブな思いを紛らわすのに必要な「周囲の為の儀式なんだ」と強く思いました。
まぁ、孫の顔を見せるっちゅうのは諸条件が整わないとどうしようもないしねぇ?!


■KOWさん >

だんだんと上の親戚が亡くなっていく歳ですが、親が亡くなるというのはこのバトンを強く意識しますね。渡されたところで何が変わるわけでもないんですが、少なくとも、色々な意味で最前線のポジションになってしまったという実感?

下の写真は9月に帰省したときに、おそらくこれが最後の外出になるだろうという予感がしてたんで、道々先回りして撮ってたんですよ。おそらく本人もそう思って、無理して孫のオモチャ屋とプラネタリウムに付き合って来たんだと思います。行きは親父が運転したんだけど、毎日車に乗ってた親父の運転が危な気になってたのが哀しかったなぁ。

いやぁ〜・・・こういうのはつらいな・・・
画像には思わず涙が溢れてしまいました。
古い写真には親子の絆が凝縮されているよう感じます。
一瞬一瞬を大事にしなくてはと改めて思いますわ。

ご冥福をお祈りします。

■yabaさん >

ご無沙汰でーす。

若いときの親の写真なんて滅多に見ないじゃないですか? 俺もこういうことがあって久々に見ました。

今の俺より遙かに若いんだもんなぁ。この赤ちゃんが俺だもの、みんな、歳とるわな!

友人に、毎年誕生日に葬式用の写真を撮る奴がいます。その年のマイブームを題材に、亡くなった場合はその写真を使うように奥さんに言ってあるそうです。

真似しようかな?と思う今日この頃...

この度は、ご愁傷様。
親からしたら、子供はいつまでも子供・・・双方歳を重ねていく中で、いずれは通らなければならない道なんですね。
最後のお願い、かなえてあげてゃ!

■りゅうちゃん >

おー、りゅうちゃん。

メアドもう1回連絡してくれ~! 訃報を送ったんやけど、届かへんかってん。

早い遅いはあるけど、いずれは迎える事やからね。ただ、こういうのは順番通りがええんやなぁ...とだけ思いました。

ごぶたさたしています。

遅くなりましたが、お父様のご冥福を心よりお祈りいたします。
・・・普段ペンを持たないお父さんが手紙を残されていたことに感動しました。
素敵なお父さんですね。


私事ですが、のほほ~んとした生活もそろそろ終わりそうです。
先日、身内が怪我をしてしまい検査同行のため飛行機に乗って遠い遠い病院に行ってきました。

結果がおもわしくないので、私も住んだことのない街で単身赴任のような生活になりそうです。
色々とやらなければならないことが出てきて、頑張らなければといった感じです。
まだ確定ではないんですけどね。たぶん行かなくちゃいけないです。

ところで、40年前の写真見ました。
こんな時代もあったんですね~(笑)。
ちっちゃくて笑顔が超可愛いです♪

それでは。

・・・元気出してくださいね。

■はちさん >

ごぶさたでーす。

そっちも何だか大変そーね。

ほんと、今まで気に止めてなかった事が色々起こり始める歳なんだなぁ...って思います。

...って、そっちの方が随分若かったね。失礼 (^^;

頑張ってね。そっちこそ元気だして!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またな、親父...:

« 97 ISF ワールドプロツアー | トップページ | おっとっと... »