ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« わくわく、どきどき… | トップページ | エフェクター、機材大放出! »

2008年3月 8日 (土)

Welcome, RIC!

来た! 夜通しで頑張っちまった

Ca390036_2Rickenbacker 360 Burgundy Glow
/ 2002 Limited Color

通称リック(“リッケン”と言う人も多い)。

6年前のものとは思えないミントコンディション。あの頃のまま(?)の容姿にしばし見とれる。前オーナーはさぞかし大切に弾いて、いや、保管していたのだろう。

Ca390034 とは言え、それなりに金属パーツの汚れはあるので弦とネジを脱がせて裸にする。普段は触らない大事なところも丸見えにする!

 

おっとその前に、楽器に限らず新しい道具を手にしたときの大事な呪文。ハッタリでも良い、まずは“なめんなよ!”と檄を飛ばす...

Ca390033 パーツをはずしながらポリッシュ磨きから。バツイチギターの『ミントコンデョション』と言うのは何度か見たが、ブリッジプレートのメッキ剥げとサドルの埃、ジャックのわずかな錆び以外はほとんど新品じゃん!

Ca390035 パーツ磨きの後は恒例のフレット研磨。俺はマスキングしてボンスター(金属たわし)で擦るだけなのだが、これ、ピッカピカになるので快感なんだよね!

 

後はボディーを磨きあげて、ピュアニッケル弦(GHS/Nickel Rockers)を張り、在庫してあった(?) George L's のパーツでケーブルを作る。最近のリックのストラップピンは Schaller Security Lock が標準装備なので、ストラップ側のパーツを買いに立川へ。帰ってきて取り付けて完了。

お~、いいじゃん!

Ca390037_2実際にちゃんと弾くにはオクターブ調整やら弦高調整をしなきゃなんだけど、それは後日リペア専門の人に見て貰うことにして、取りあえず弾いてみる。とは言え、うちにはギターアンプはない!

なので DI 経由でミキサーに直結。“うわぁ~、リックの音だ!”  ※当たり前!

昨夜、“なめんなよ!”とハッタリをかましたものの、“なめて下さって結構です”って感じ。

明日からのスノボツアー(?)は諸事情で没ってしまったので、友人でも誘って Mr. Tambourine Man でもやりに行くか! ※ちなみに俺は Beatles 派ではなく、Byrds 派です。

« わくわく、どきどき… | トップページ | エフェクター、機材大放出! »

コメント

いいねえ、リッケン!
オールドだといいコンディションの楽器が少ないし、
難しい買い物だと思うけど、写真見る限り、すばらしい一本のようですね。
僕の335も今度見てね!

■純さん >

ども、お久しぶりです。

正直、リックを見る目は持ってないけど、見た瞬間、直感的に“イケテル!”みたいなのがあった。あと、競争率が高い中、ラッキーが重なってゲットできた偶然が大きかったかな? (^^;

でもお互い、普段はベタベタにアコースティックな音楽屋なのに、どっか心の片隅でこういったエレクトリックに惹かれてるよね。

そっか、純さんは335オーナーだったよね。今度、ホロウボディの宴をやりましょ! リックの調整が完了したら、一度行きますね。

お~きましたね!!

かっこい~っすね!
やっぱ。

次は鏡の前でジャンプの練習ですね(笑)
それと練習しちゃいけませんよね
不良の道具ですからね(笑)!!

■ken さん

いやぁ、やっぱ『見るギター』ですな?!
弾くより、持ってる自分を鏡で見るのが快感?

★俺のイメージ
フェン:一生懸命練習して、ホレどうだ!
ギブ:練習なんか関係ねぇ、ガツンと一発!
モズ:姉ちゃん、俺のギターを聴きな!
グレ:どけどけ、俺様が弾いてやる!
リック:いいでしょ、これ? 気が向いたら弾くさ!

すんごいね〜いやカッコイイ。美しい。

なんとも優雅なデザインだなあ。
デザインされ尽くしている。
これくらいスタイリッシュだと、音なんてど〜でもいい。
・・・なんて暴言?

■kowさん

そ~なんすよ、見て満足。で、終わってしまってはヤバイ! ストラトなんかを横に置くと若干おデブさんなのは否めないけど、まぁそれも愛嬌ね。

なんでリックって、アメ製なのにブリブリな匂いがするんだろう? 車のミニクーパーとすごくダブってしまう。

タフで華奢、人懐っこいようで扱い注意。♪可愛いフリしてあの子 わりとやるもんだね~と♪って感じですな。

えっ、そうなのか!エゲレス人だとばかり思っていやした。
だってビートルズとかクリス・スクワイヤが思い浮かんでしまうので。

ふふふん、勉強になりました。

くれぐれもカワイイあの子をキズものにしないよーに。

■kowさん

やっぱり? リックは今も昔も純然たるカリフォルニアもんです。

ビートルズがリックを使った当時、欲しい人達から「イギリス、リバプール、リッケンバッカー社宛」に手紙が山のように届いたというのは有名な話。当然、宛先不明で返したんでしょうな?!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Welcome, RIC!:

« わくわく、どきどき… | トップページ | エフェクター、機材大放出! »