ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« きょうのにっき | トップページ | 良い仕事 »

2008年8月29日 (金)

い~きゅ~

イーキュー = EQ = イコライザー。業界では「トンコロ」と呼ぶ人もいる。正式な日本語では『等価器』。まぁ、簡単に言えば音の周波数を変化させる音質補正装置。ステレオなんかについてるトーンコントロールのちゃんとしたやつ。

子供が夏休み自由研究の宿題で慌ててるのを尻目に、オトッチャンも自主研究

元々はギターのマイクシミュレターを調べてたのが発端なんだけど、俺はパライコ(パラメトリック・イコライザー)という種類のEQを好んで使う。

パライコはG(ゲイン)、F(周波数)、Q(帯域幅)の3つの要素があるのだけれど、このうち“Q”の調整ができなくて(というか固定で)値が不明な機械が多い。最近入手したエフェクターもそう。で、この“Q”の値がいくつに設定されてるのか?が今日の研究課題。

ホワイトノイズ(すべての周波数帯域を含むノイズ → ラジオの局があってない時に聞こえる“サーっ”という砂嵐系の音)を流して、エフェクターをバイパスしたものと、EQしたものを録音してそれをアナライザーにかける。

Eq1_2 黄色がバイパスの音。水色がエフェクターを通した音。前段のパライコのGとFをエフェクターと逆条件にした状態で“Q”だけを変化させていって、黄色と水色がピッタリ一致すれば、そこがエフェクターの隠された“Q”。

Eq2 結果、“Q”を 1.5 にすればほぼ一致することが判明。このエフェクターのパライコの“Q” は 1.5 に設定されているってことね

つーか、そもそも“Q”が任意設定できないのにパライコを名乗るな! うっ...、よく見たら『セミ・パライコ』って書いてある

ちなみにこの“Q”というのは...良くわからないけど、1.0 で1オクターブ。あとはオクターブ比率の逆数のような気がする。ホントかなぁ?

 

Eq3 ついでに、同じホワイトノイズをモニター出しして、コンデンサーマイク(AKG C451)とダイナミックマイク(Shure SM57)で録音して、同じようにアナライズ。

黄色が C451、水色が SM57。音が違うのは聴いてりゃわかるけど、視覚化すると思ったより違うモンだねぇ~

EQを駆使して、これを一致させることができれば、マイクシミュレターが出来上がるわけなんだな。

いやね、最終目的は ... 12月にやるライブでのお楽しみ。

« きょうのにっき | トップページ | 良い仕事 »

コメント

相変わらず自由業してますねぇ。なんとゆうか凝り性振りを隠さないというか。
我が家の坊やは3ヶ月になりまして、まったく暇をくれません。私も趣味に打ちかける時間を作らねば。

■謝罪ばかりではない さん>

まぁまぁお久しぶりです。

いやもぅ、公私/裏表とも大忙しでございます。バランスは悪いのは相変わらず収支ですな

そりゃあんた、プライベートで凝ってるものは表にゃあ出せません

3ヶ月でボヤいてたら、これから先、乗り切れないよ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: い~きゅ~:

« きょうのにっき | トップページ | 良い仕事 »