ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 現在地、富士山頂 | トップページ | 富士登山に学ぶ『兎と亀』 »

2008年8月 3日 (日)

無事、帰還…

一昨年のリベンジ完遂!  一昨年よりも体重は増えて体力は衰えているという不安の中、2度目の富士山アタックを成功で終えました。

上島組4WDに参加しているスノーボードのアルペンレーサーを中心としたメンバー構成。組長はもちろん、スノーボードクロスでお馴染みのあんな人こんな人も交えた総勢15名のパーティ。

前回は日射病+高山病のダブルパンチで本八合目付近でリタイヤという屈辱を味わったため、特に今回は日差し対策とローペースを意識して登山開始。出発時に個人的なトラブルがあり、私と隊長の2名のみ約30分遅れでスタートしましたが、六合目で他のメンバーと合流。

今回は天候に助けて貰った気がします。前回は日中は炎天下で早朝は極寒という地獄絵図。しかし今回は登りの日中は曇りに薄っすら日が差す程度の涼しい気候。早朝は寒いけれど比較的暖かめ。そのお陰もあってか全員が無事山頂まで辿り着き、御来光を見て、お鉢周りもして富士山を堪能して来ました。

Ca390011 今回1番辛かったのは本八合目での山小屋宿泊(前回よりも上部の山小屋)。これが地獄というか拷問でした。 宿が悪いのではありません。既に標高が3400mの地点なので空気が薄い。息が苦しくて眠れないのです。おまけに頭痛+軽い吐き気という高山病の症状が徐々に出てくる。ちょうど悪酔いした時の感じに似ています。

俺だけか?と思っていたら、他のメンバーもそうだったようです。出発の午前1時までの6~7時間もの間、身動きできないギュウギュウ詰めの暗い部屋で、眠れもせずひたすら息苦しさと戦っていたわけです。もし富士山の山小屋に泊まる予定の方は八合目(本八合目より下部)までをお勧めします。もっとも、上部の宿であるほど翌日の山頂へのアタックは楽ですが...

下山後は宴会専門部隊と合流し、コテージ借り切りで夜遅くまでの20名以上の大宴会。基本的に“冬にしか会わない人達”との夏のこのイベント、富士山はもういいけど、何らかの形で続けていければなぁ...。

『登らぬバカに、二度登るバカ』の言葉通り、バカになりたくないので、こんなしんどいことはもう二度としないでしょう!

今現在、太もも&ふくらはぎ&足のつま先がギブな状態です。さぁて、ガタガタな足を引きづって、リハに行かなきゃ

« 現在地、富士山頂 | トップページ | 富士登山に学ぶ『兎と亀』 »

コメント

幹事お疲れ様でした。天気上々、ハプニング満載で中身の濃いイベントでした^^。今回はお鉢めぐりもしたので思い残す所なしです!

幹事ご苦労様でした。富士山は別にして、、また、遊びたいっすね~^^/

■Mr.Dさん & こーじさん >

お疲れ様でした~。

前回と今回の2回で、色々な富士山を堪能しました

また“山抜き”で遊びましょうぜ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無事、帰還…:

« 現在地、富士山頂 | トップページ | 富士登山に学ぶ『兎と亀』 »