ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 久々の関西遠征 | トップページ | 皇室と冷泉家 »

2009年11月15日 (日)

This Is It

michaeljacksonthisisit

昨日、一緒に飲みにいったバンマス仲間(?)がお勧めなので、早速、観に行ってきた。彼はMJの音楽(ダンス)がスゴイ!と言いたかったのではないはずで、実際に観てその理由がわかって納得。

俺はとりたててMJのファンでもなければ、特に能動的にその音楽を聴こうとした時期もない。もちろん、MTVとかで流れているのを良く見てはいたけど、彼が勧めなければ観に行くことはない映画だったかもな...

このMJのリハーサルのドキュメンタリー(と言って、差し支えないと思う)は、自分で音楽なり演劇なりの活動をしている人にとっては興味深いショットが散りばめられているんじゃないかな? 特にバンマスなどの“仕切る側”に居る人には面白いと思う。いや、むしろその経験がない人には単なる“MJってやっぱすごい!”で終わる映画かも知れない。

綺麗ごとを言おうが大義名分を並べようが、お金を払って貰って自分たちのパフォーマンスを聴かせる(見せる)かぎり、それは紛れもなく“ショウビズ”の端くれ。そのショウビズというものの「世界のテッペン」を創っている最中の現場を垣間見られることが、俺的にはこの映画の1番の面白さ。

潤沢な資金の元、それぞれの分野でトップレベルな人達(ミュージシャンはもちろん、ダンサーも音響も照明もすべて)が集結して創り出すものには凄まじいまでの「世界観」が伴う。そして1クセも2クセもあるそんな強者を仕切るMJの圧倒的なカリスマ性と“バンマス力”。と、それに即座に応えるミュージシャンやダンサー、スタッフ達の有り得ないほどの対応力と技術力。

出演者・スタッフが集まってのミーティングでのMJの発言 ...
“観客は非日常を見に来ている”
... だから、観客を想像している以上の非日常に連れて行くんだ!という哲学の徹底ぶりと実行力に脱帽です。

いまさらながら、MJ恐るべし...

« 久々の関西遠征 | トップページ | 皇室と冷泉家 »

コメント

観てきました。
僕は、冒頭のオーディションに受かったダンサー達のインタビューでもうやられてしまって。

舞台をやってる人間には、思いをダブらせるシーンがてんこ盛りです。

僕はMJのヒューマンな部分、音楽に対してえらいアナログ指向なところに驚き、感銘を受けました。
かさねて、MJ恐るべし。

■純さん >

映画が終わって妙に残ったのは ... そう、あのダンサー達。超難関を突破し、猛練習し、そしてイザ本番 ... の直前に主役が消えてしまった心境を考えるとねー。

そして“風車の矢七”のように格好良いのは、何てったって Jennifer Batten でしょうなぁ?!

...ちなみに、ある意味、この映画と真逆のような映画「ANVIL」も見てきたよ。...こっちは身につまされるわ!

真逆とな!? そら観てみたいな。でもこわいような。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: This Is It:

« 久々の関西遠征 | トップページ | 皇室と冷泉家 »