ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« Rope Skipping | トップページ | “ゆ” »

2010年1月 9日 (土)

男湯コミュニケーション

遅くなりましたが、アケオメです。今年もよろしくお願いします。

年末に給湯器が壊れた。うちはフルオートの集中型なので風呂はおろか、お湯も出ない生活が続いている。

老朽化しているので新品に交換することにしたのだが、かなり高額。定価ベースで工事費を入れると USA Fender の Starat が2~3本くらい買えちゃう金額なのです!

別に工事を渋っているわけではないのだが、同じ機種の同じ工事でも業者によって値段が15万近く違うことがわかり、複数の業者に来て貰ってアイミツを取っているので延び延びになっている...

...そんなわけで、年明けから息子と銭湯通い。

が、去年、自転車で気軽に行けた唯一の銭湯が廃業となったので、今や自動車で行く始末。面倒っちゃ面倒なのだが、銭湯に行って息子と男湯に入っていると、家とは違ったコミュニケーションが生まれる。

思い起こせば...俺が小さい頃に住んでた家には風呂がなかった(電話もなかった!)ので、3日とあけず銭湯に通っていた。番台のオバちゃんをおちょくってみたり、スナックのケバい(?)お姉ちゃん達に遊んで貰ったり(当時は幼かったので母親と女湯)、男湯に行けば目の前に遠山左衛門尉もびっくりな刺青アンちゃんがいて遠慮しつつマジマジと見てみたり、普段の生活では接点のないような人達が集まる、ある種の異業種交流の場に自然と馴染んでいた。

今の銭湯にはそういった親密な空気感もなけりゃ、龍や獅子や牡丹を背負った人もいないけれど、それでも見ず知らずの老若が素っ裸でウロウロしている場所には独特の開放感とか社会感(規律感?)みたいなものがある。

教育がどうこう言ってるけど、結局、今の子供に足りないものって、こういう見ず知らずの老若男女との当たり前なコミュニケーションなんだろうな?と思う。色んなことが便利になればなるほどコミュニケーションは希薄になり、同世代じゃない他人との接し方、大袈裟に言えば社会性が欠如してしまうんだろう。

考えたら音楽もそうで、レコーディングすると言っても家にPCが1台あれば成立してしまう昨今。誰でも簡単にある程度のモノができてしまうということは、どーでも良いモノもたくさん作られてしまうという面を併せ持っている。ネットで色んな音源を視聴できるけど“他人に聴かせるレベルか?”みたいな音源の何と多いことか...。あり得ないレベルの「売りモノ」もいっぱいある。

「自分で出来る」ことと「単なる自己満足」の違いを忘れないようにしたいものだ...

と、銭湯通いから予期せぬ思慮に耽ってしまうのであった。

« Rope Skipping | トップページ | “ゆ” »

コメント

なんだかとっても素晴しい文章で感心してしまいました。

そういえば、お酒の飲み方も変わってきたとよくききます。
若いうちにちょっと背伸びして、かっこつけながら飲んで
先輩達にイジられたり、しかられたり、かわいがってもらいながら
いろんな事を学んだもんですが、今は個室で仲間としか飲まない
ようで、30過ぎてもあまいお酒オンリーで、ハードリカーや
純米酒の美味しさを理解せず、それらを敬遠する向きばかりとか。
男は酒場と女で磨かれる、なんて今じゃいわないみたいです。

■純さん >

お褒めにあずかり光栄です

お酒ねぇ...。俺はいわゆる「酒好き」ではないんだけど、コミュケーション手段という側面で捉えてるかなぁ?

家で飲むことはほとんどないけど、誘われて断ることもない。実は幸か不幸か幾ら飲んでも酔わないのよね。因みに、二日酔いにもなったこともない。

昔から同世代と飲むのは話題が見えてて面白くないので、2次会は間違いなく年上というか、会社で言うと上司や幹部に付いて行って裏話を聞いてるのが好きだったりした。

それでなのか、酒席でのアテの選択は良く褒められた。

要は若いうちに、酒量と言う意味ではなく「自分の飲み方」をわかってるかどうかが大きい気がするなぁ...

昔からの夢(?)は ... 酒を飲んで記憶をなくして、朝起きたら“ここはどこ?”みたいなの

昔から記憶をなくしてる奴の介護に回ることが多かったのでね

高層マンションに象徴される上昇志向。
ナノテクに代表される超集積志向。
海抜ゼロの生活感覚からかけ離れていく文明世界の住人たち。

ヒトに世の中に揉まれて磨かれていく自分と、
あらゆる便利ツールに自己実現させてもらう自分。

バーチャル銭湯ができたとして、
そこが異界の住人たちとのコミュニケーションの場になりうることはないだろうなあ・・・なんて思いながら。

ZOWさんのこの文章を読みながら、
皮膚感覚の大切さをしみじみ思うKOWでした。

先日はお世話になりました。
近日中にお会いしましょう。
今年もよろしく!


■KOWさん >

いやぁ、さすがに上手いというか、本の帯のようなコピーっぽい表現をするなぁ...

今の我が家、“お湯がでない”だけで、風呂以外は特段困っては居ない。洗い物もビニール手袋をすればそれほど苦でもない。

と・こ・ろ・が・だ...一息ついて、好きなときに風呂もシャワーも浴びれないという一昔前なら当たり前のことが、ものすごくひもじい感覚に陥ってしまうんだな。

高校生の頃に買ったギターのエフェクター。EQを買っただけでアリスになれた。OverDrive と Analog Delay があるだけで俺はブラックモアだった。

が、今や全部入ったマルチですら満足できない。実はひもじい体になってるのは今の方なのかもな。

ギターに繋いだ夜景のように七色に光る機材の横で、琵琶が笑っている...

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男湯コミュニケーション:

« Rope Skipping | トップページ | “ゆ” »