ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 雷ガード | トップページ | “憧れ”見物の下準備... »

2010年1月17日 (日)

ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか

 

Bochi_3大阪出身のミュージシャンでこのタイトルにピンとこない奴はいないだろう。言わずと知れた上田正樹有山じゅんじの30数年前の名盤。

俺らの世代で言えば、ニューミュージックに少し食傷気味になって“渋い系”に興味を持ち始めた人、或いは初めからオトナな音楽から入った人が必ず手に取ったレコードだった気がする。

ご存じの通り、俺はギターを手にしながらもアメリカの土着系を起とする音楽(要するにブルース/カントリー/ジャズ)にはあまり興味を示して来なかった。それでも「ラグタイム」にだけは惹かれるのは、このアルバムの影響かな?と思っている。

聴けばわかるけど、メッチャ大阪な音楽がそこにはある。一般的には大阪のバンドと言えば「憂歌団」のイメージが強いのかも知れないけど、かつてこの2人が在籍した「サウス・トゥ・サウス」はそれ以上に大阪人にとっては伝説のバンドかも知れない。

Bochinew_6数年前、30数年の時を経てこの「ぼちぼちいこか」のリテイクアルバムぼちぼちいこか '08 フューチャリング くいだおれ太郎』が出た。小さい箱(スタジオ?)で“ブースなんかないけど一発録りしました~”な雰囲気は、“この人らにしかできん!”と思わせる何かがある。

 

そして、そのアルバムリリースの少し後に、千日前のくいだおれ閉店に伴う彼らのライブDVDが発売されたことは知っていたのだけれど、今日、やっとそれを見ることが出来た。 

51l8mkwbjl__sl500_aa240_ 

ライブ アット 道頓堀くいだおれ ぼちぼちいこか ザ・ムービー

 
閉店時のくいだおれの店その場所で、2人でアコギだけでやるライヴ。

 

いやぁ、ほんまに、もぅ、メッチャええねんて
なんちゅうカッコえぇオッサンらなんや

売れる売れへんより、歳いってこんなライヴができたらええなぁ~

人生の後半戦に入ったミュージシャン仲間達、是非一度、ご覧あれ...

御本尊(Mark Knopfler)詣での前に、やっぱ氏神さん(有山じゅんじ)参りに行こかな?

« 雷ガード | トップページ | “憧れ”見物の下準備... »

コメント

今月末十数年ぶりに
大阪へ食い倒れの旅に行ってきます(笑)
もちろん
ライブがメインですがね~(笑)

 こんにちは。
2007年9月8日の記事を読みました。実は私、日本ハーディー・ガーディー協会という会の世話役をしています。
Danielさんはまだ日本においででしょうか。もし差し支えなければメールアドレスをお教え願いないでしょうか。同好の士がいると言うことで、是非とも連絡をと思っています。
問い合わせのアドレスが判らなかったので、ここに書き込みました。

誕生日おめでとうございます

■ no-ballさん >

ども、ご無沙汰です~。

なんだか冬場もすっかりおとなしくなってしまった今日この頃です

大変ご無沙汰を致しております。
ふぐさんのご子息と我家の愚息で某雅楽器店へ行き、楽器のショーケースを見入ってました。

それはさておき、YouTubeでの演奏をすかさずお気に入りに登録したのは言うまでもなく。

もうちょっと子供が大きくなったらライブにこっそり目立たないように伺います。

■epi さん >

盛況だったようで何よりです!

動画、見ましたよ~。なんかいいなぁ、ああいうのも。

なんか企画したくなりました

■かっし~さん >

ご無沙汰です、

我が息子、箏はずーっとやっていますが、雅楽にまったく興味なしです。ある意味健全?

東近江のコンサートが幾つかアップされてるようですね。

7月、埼玉のどこかの大学で同じような雰囲気でミニライヴがあります。T's 初の龍笛入りです

詳しくはまた、ここにアップしますね。

>T's 初の龍笛入りです
おおおお!! どなたが龍笛演奏されるのか
楽しみ~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼちぼちいこか:

« 雷ガード | トップページ | “憧れ”見物の下準備... »