ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 説法拝聴 | トップページ | ホグワーツには行けず... »

2010年6月 4日 (金)

薫修なり

3日目、晴れ

今日は移動手段としてバスに挑戦... 土地勘がないので行き先を見ても??? 取り敢えず、勘でバスに乗り込んでから、どこに行くバスなのかチェックするという冒険モードです

 

誰もが気になるロンドン名物、2階建てバスの2階の最前列からの風景(Notting Hill あたり?)
Dscn0919

そ・し・て、世界一有名なゼブラクロス(横断歩道) ま・さ・か、わからない奴なんていないよなぁ?(Abbey Road)
Dscn0932

Little Venice からボート(水上バス)で Camden Lock へ
Dscn0942

この Camden Lock(Camden Town)、マジで面白い! 街中がマーケットだらけで、エスニック屋台の宝庫って感じ。怪しいモノ好きにはたまりません

 

...そして ...

 

今日もやってきました Rayal Albert Hall。ちなみにこの写真は19時前。こちらの今日の日没は21時10分です
Dscn0958

そして、本日はこのような位置から説法を拝聴。(昨日よりサイド後方)
Dscn1056

今日は盛り上がる信徒が多かったせいか、説法も昨日より遙かに強力で痺れさせて頂きました。説法リストも昨日とは少し違ったりして、憎いぞ!神さま...
Dscn1162

恒例、神さま自ら祝杯の儀
Dscn1216

 

※Mark Knopflerのコンサートでは“業務用でない機材”によるワンショット撮影および私的録音は許可されています。

※薫修 … 物に香りが染みつくように、人々の精神・身体のすべての行為が人間の心の最深部に影響を与えること。(仏教用語)

« 説法拝聴 | トップページ | ホグワーツには行けず... »

コメント

こりゃあ、すごい!
神様もスゴければ
2日連続参拝の信者もスゴい。
それくらいの熱意なくして、メッカ巡礼はなし得ない。

しかしオープンなライブだなあ。
録音も写真撮影もOKだなんて、
神様のオープンな姿勢はすばらしいね。
それとも西欧では普通のことなのかな。
どちらにせよ、きっと会場の雰囲気はよくなるだろうね。

土産話が楽しみです。
カムデン運河で一人ではしゃぐZOWさんを想像して
僕のクスクス笑っています!

■KOWさん >

いや、上には上がいるもんで、6日間のロンドン公演すべてに行った日本人も居るみたい

録音も撮影も一応許可はされてるけど、やっぱり「やり過ぎ」な奴はどこにでも居るもので、公演中に平気でフラッシュたくやつとか、最初から最後までビデオ撮ってる奴とかいて問題になりつつあるんで、その内ダメになるかもね

現に俺が行った日の不正映像が YouTube に既にアップされてる...

何でもそうだけど、一部の「やり過ぎ」な連中のせいで、善良な市民(信者?)が巻き添えを食うんだよな

しかしロンドン、バスを制するものがあの街を制することができそうな気がする...

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薫修なり:

« 説法拝聴 | トップページ | ホグワーツには行けず... »