ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 衝撃映像?! | トップページ | 現在地、またかよ…大阪 »

2011年7月16日 (土)

脱アスファルト

翌日の予定に余裕があるとき、1人で夜中の散歩に出ることがある

最近は夜中と言えど、かなり暑い

が、たま~にだけど、冷やっとした空気が流れてくることがある。ここら辺はマンションやら一戸建てやら公園やら畑がかなり混在しているので、緑があるところは空気が冷たいのかな~?...くらいに思っていた。

今日、滅多に通らない道に入ったら、近所なのに迷ってしまってウロウロしてるうちに、この冷やっとした風がある場所のことで、あることに気付いた。

緑も確かにあるのだが、それより大きな要因...それは「アスファルトじゃない場所」。

とは言っても砂利だけの駐車場はダメみたいで、要するに『土や芝生がある(広い)場所』の空気は冷やっとして澄んでいる。

温暖化とともに電力需要が膨大になり、そこへ来て脱原発の風潮と節電対策というパラドックス。

子供の頃、自転車しか通らないような、周りを竹藪に覆われた実家の前の道がアスファルトになった時、「モグラはどうなるんだろう? 」と心配したことがあった。

どーでも良い路地裏までびっしりと覆っているアスファルト、本当に必要なのか?と思う。

脱原発も大事だけど、『脱アスファルト』 も必要なんじゃないのか? 

  

Dscn1937ちなみに、昔から俺の散歩のお供はこの一本歯下駄

真夜中に、身長187cmの俺が、高さ12cmの下駄...都合2mの大男が、カランコロンと音を立てながら一本歯で歩いているシルエットは、さぞ不気味なことだろう...

« 衝撃映像?! | トップページ | 現在地、またかよ…大阪 »

コメント

脱アスファルト、賛成
放熱しないアスファルトが増えてるらしいけど、必要のない部分までアスファルト敷き詰めて、地球をアスファルトでガッチガチに固めるのは、もうやめようよって感じです。
この人工的な暑さにうんざりしている今日この頃です

■まるる >

人間で言うなら、皮膚呼吸できひんやん...って感じ。
この暑さは年々、ひどくなっていくんやろか?

俺らが小学生の頃、科学系の本には「地球はだんだん冷えて氷河期に入っていく」ようなことが書かれてた。

ある意味、科学も適当なもんやねんよな。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱アスファルト:

« 衝撃映像?! | トップページ | 現在地、またかよ…大阪 »