ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 絃詩会 | トップページ | むぅ... »

2011年9月 8日 (木)

ゴミ屋さん

「明日、ゴミ屋はん来るでぇ~」 「あ~、ゴミ屋はん、行ってもた...」

...などと母親が良く言っていた。『ゴミ屋』って、なんとも不思議な言葉。

別にゴミを商売にしてるわけじゃない。正式には清掃局員とか言うんだろうな。なんとも重労働な本当にご苦労な仕事だと思う。

 

息子の学校で「職業体験」と言うのがある。丸2日、生徒それぞれが色々な仕事に従事する。まぁ、実写版キッザニアと言ったところか。

やはり、人気は飲食店関係。うちの息子も「ラーメン屋・寿司屋」を第一希望で出したらしい。

魂胆丸見え そうは天が許さない  そして息子に当たったのは...市の環境局。要するに『ゴミ屋さん』である。

 

息子はブツブツ言っているが、「体験」という意味ではなんとなく仕事内容が想像できる飲食店よりも面白いと思うぞ?

“臭い”は大変だろうけど、普通の生活の中じゃ見れない世界を見ることに「体験」の意味があるわけで、色んな仕事があって、その上に日常生活が成り立つと言うことを勉強できれば良いよね

« 絃詩会 | トップページ | むぅ... »

コメント

最近は、そのような体験ができていいよね~。
まるるやったら絶対に幼稚園に行ってたな♪

前に勤めてた老人ホームでも毎年数名の中学生が職場体験に来てたよ。
看護師になりたいって子が多かったな。
現場スタッフは忙しいからゆっくりお相手できへんし、プライバシーだらけでやってもらえることも少なくて、でも、退屈なじーちゃんばーちゃんの話を一杯聞いてくれてたわ♪

ゴミ屋さんの体験なんて、勤めへん限りできへんもんなー。
どんなんやったか、また感想教えてな!

■まるる >

実際に従事するのは今月後半。今日は下見というか、挨拶に行くみたい。
回収車に乗って集めに行くんだろうな  きっと、体力ありそうな奴が選ばれたんだと思う。

皆が好きなところに行けるわけじゃないし、先生も本人の興味と適正を量りつつ割り当てを考えるは大変だろうな。

俺は...今はもうないけど、バキュームカーを手伝ってみたかったかも?!

消えゆくモノに人一倍惹かれる俺です...

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ屋さん:

« 絃詩会 | トップページ | むぅ... »