ZOW (中田太三)

facebook

グリムス

Mark Knopfler

My Favorite Artist

« 5 Days Art Challenge : 2nd | トップページ | 5 Days Art Challenge : 4th »

2015年5月 6日 (水)

5 Days Art Challenge : 3rd

今日は...やっぱりというか...ギター編。お気に入りを3つ...

(1) Froggy Bottom / H12

11209738_10206809257934567_77653349アメリカのバーモント出身。1番のお気に入り。今年20歳を迎える通称「ケロ」。写真では見えないけれどヘッドのロゴがカエル。昔はこーいうスロテッドの12フレットなんて古臭い感じがして嫌いだったんだけれど、歳とともにこーいうのが好きになっちゃいましたね。ハイエンドギターを使い倒した William Ackerman が今はもうここのしか使っていないことでも品質の高さが伺えます。ただデリケートな分、日本の気候ではちょっと厳しいようで国内ではほとんど見かけないし(以前は輸入代理店があったけどスグ退散)、現役で使えている個体も少ないようです。その意味ではラッキーなのに当たったかも? 師匠 Mark Knopfler が先月リリースしたニューアルバム「Tracker」で Froggy Bottom(のパーラー)を使い始めたという話を聞き、曲を聴きながらニヤニヤしてます?! オールドファッションというか若干チープな見た目に反して、キヨミズどころか通天閣から飛び降りなければならなかった奴です。(笑)

(2) George Lowden / O32c

11041582_10206809258214574_88821401アイルランド出身。William Ackerman や Pierre Bensusan の音が好きで、彼らのギターはどこのもの?...で辿り着いたギター。当時、入手する術がなかったのだが、イシバシ楽器が代理店を始めるという情報をキャッチ。おそらくイシバシの店頭で Lowden を買った最初の5人のうちの1人には入ってると思います?! 1st Day に載せた腕時計の SMITHS と同じく、このギターを買ったことで他のギターはあんまり欲しいと思わなくなりました。こいつももう25歳なんだよね。

(3) Valley Arts / M-SSH

11193434_10206809258534582_1835490420歳過ぎの頃に当時としては大枚をはたいて買ったエレキ。お気付きの方も多いかと思いますが...俺はエレキは弾きません。ではなぜ買ったか? 見た目と“エレキなのに生音が素晴らしく良い!”の2点。用途は夜中の練習・作曲用という勿体ない話。藝大を中心に雅楽や邦楽の人達との付き合いも広がり初めた頃で、当時作った邦楽器向けの曲はほとんどこのギターで作ってました?! 今は息子の部屋に居候中...

★雅楽器もそうなんだけど、俺はいくら音が良かろうが、雰囲気というか“佇まい”に惚れられない楽器はNG。高級感より上質感で選びます。装飾が多いやつも嫌い...

(※Facebookイベントからの転載です)

« 5 Days Art Challenge : 2nd | トップページ | 5 Days Art Challenge : 4th »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5 Days Art Challenge : 3rd:

« 5 Days Art Challenge : 2nd | トップページ | 5 Days Art Challenge : 4th »